万ねん少佐の配当日記

投資、節約、ほどほどな生業でセミリタイアをめざすサラリーマンの悪あがき

【ライフスタイル】万ねん少佐のルーツ

私のルーツを明治以前までたどると、山奥の百姓だ。

四方を山に囲まれ、耕す土地もさしてない。

そこで桑を植え、この葉っぱを蚕のエサにして養蚕を営んでいた。

耕す土地もなければ、納める年貢も微々たるものだ。一方、養蚕は年貢もかからず、まあまあ生きていける程の収入になった。

年貢もなければ気楽なものだ。畑仕事の合間に蚕は繭になり、蛾は卵を産み、蚕が生まれ桑を食べ、また繭になり絹ができる。金持ちが絹を買うと巡り巡って山奥の百姓が儲かる仕組みだ。

刻が経ち、私の祖父は戦前・戦中は軍事工場で働き戦後は進駐軍の基地の技師となった。時代の荒波に翻弄されながらも、小豆の先物売買で小銭を稼いだ。

そして、父は平凡なサラリーマンだった。高度経済成長、バブル景気に乗って日本株で地味に儲けた。片倉チッカリン(現:片倉コープアグリ)と日本郵船をひたすら買って売っていた。今は散歩が趣味の老人、贅沢でもないが、老後2000万円問題とは無縁だ。

これが、私のルーツ。繭は配当になって、不労所得のスピリットは私に受け継がれている。

以上、つづく。