万ねん少佐の配当日記

投資、節約、ほどほどな生業でセミリタイアをめざすサラリーマンの悪あがき

【#39報告会議】~情勢判断~日経平均・NYダウ・為替のこのごろ

諸君、情勢判断だよ。

1.市況
1)日経平均
・現在値:23,303.32 円(11月15日(金)終値
移動平均線
 向き:5日線 やや下向き↘ 25日線 上向き↗ 75日線 上向き↗
 順番:5日線>25日線>75日線
 現在値の位置:5日線の下。
 ゴールデンクロス:5日線→25日線(10月15日)
 移動平均線からは強気。
ローソク足
 直近7本の陰陽:陰線4本、陽線3本
 10月4日から数えて、陽線新値10本目
 ローソク足からは、強気。
・節目:
   下値:23,000円(心理的節目)、22,780(25日線)、22,000円・21,000円(心理的節目)
 上値:24,448.07(2019年最高値、10月2日)
日経平均の状態:勢いは強気、トレンドは上昇、上昇の余地はある。
 理由:移動平均線の順番5日線>25日線>75日線であり、すべて上向きで着実に陽線新値を更新しており強気と判断。トレンドは移動平均線の向きから上昇と判断。上昇の余地はまだ最高値更新に至ってないためあると判断した。
日経平均の展望:
    日経平均は、23,000円の心理的節目を超え、上昇トレンド継続中と判断。しかし、5日線が下向きになっており、そろそろ目先調整があっても良いころ。さらに上昇するのであれば、下がっても23,000円台を底固め、25日線に沿って最高値を目指す。下がるのであれば75日線を下回り、20,000円を切る。

2)NYダウ
・現在値:  28,004.89 US$(11月15日(金)終値
移動平均線 
   向き: 5日線 上向き↗ 25日線 上向き↗ 75日線 横ばい→
   順番:5日線>25日線>75日線
   現在値の位置:5日線の上。
 移動平均線からは、強気。
ローソク足
    直近7本の陰陽:陰線2本、陽線5本 
 10月3日から数えて陽線新値9本目
 ローソク足からは、強気。 
・節目:
 下値:27,000US$、26,500US$、26,000US$、25,500US$(心理的節目)
 上値:28,500US$(心理的節目)
・NYダウの状態:勢いは、強気。トレンドは、上昇、上昇の余地、不明。
 理由:勢いは、移動平均線の向き、陽線の数から強気。トレンドは移動平均線の向きから、上昇。上昇の余地はまだ最高値を更新し、どこまで上がるか不明。
・NYダウの展望:NYダウは史上最高値を更新、ついに28,000US$を超えた。上がるのならば下がっても27,000US$で底固め、5日、25日に沿って28,500US$を超える。下がるのなら、27,000US$、26,500US$、25,500US$、24,819US$(6月3日直近安値)を下回り、25日線、75日線は下向きになる。

3)為替(US$/¥): 108.73  円(11月16日(土)0700)
移動平均線 
  向き:5日 下向き↘   25日 やや上向き↗   75日 横ばい→
  順番:5日≧25日>75日
  デッドクロス:5日→25日(10月3日)
  ゴールデンクロス:5日→25日(10月11日)
  現在値の位置:5日線の上。
  移動平均線からは、やや強気。
ローソク足:直近7本の陰陽:陰線4本、陽線3本

 ローソク足からは、強気。
・節目:下値:107円(心理的節目)、107.5円(75日線)、108円、108.5円(心理的節目)
    上値:109円(心理的節目)
・為替の状態:勢いはやや強気、トレンドは、上昇。上昇の余地は、ある。
     理由:109円を割ったものの、トレンドは25日移動平均線が上向きであり上昇と判断。上昇の余地は、まだ最高値に届いてないためあると判断。
・為替の展望:109円台に乗ったが、5日線が下向き25日線に接する。上がるためには109円を足固めし、25日線に沿って上昇、110円台に乗ること。下がるのであれば、25日、75日線を下回り節目を割り込む。

4)総合判定:市況は、やや強気。
  理由:日経平均、NYダウ、為替もおおむね強気。時期的に目先調整が入っても良いころ。少しずつJリート、ドル、米国株など買い増しを検討。

2.判断事項と判断材料
1)ドル買いのタイミング:108.5円程度まで下がったとき、下げ止まったとき
2)J-リートの買い時:最低でも利回り5%以上、下げ止まったとき

 

3.監視銘柄の状況(特出するもの)
1)上場高配当低ボラティリティ[1399]:下がったら買いか?
2)いちごホテルリート投資法人 [3463]:利回り5.9%、買い時か?
3)エネクス・インフラ投資法人[9286]:利回り7%、買い時か?

3.保有銘柄の状況(特出するもの)
1)日本たばこ[2914]配当利回り6%以上、しかし含み損増大。
2)日産自動車[7201]更に下がるか?空売り準備。
3)2)上場高配当低ボラティリティ(βヘッジ)[1490]:下がったら買いか?

 

 なお、この判断はあくまで私見であるので、諸君は自分の判断で投資をしてもらいたい。以上。つづく。 

 

【雑談】判断と決断の決定的なたった1つの違い。

判断と決断の違いは、客観的か主観的かの違い。

判断は、「こうなるだろう」

決断は、「こうしよう」

投資にあてはめると

判断は、客観的に現状を分析した結果:上がるだろう、下がるだろう

決断は、主観的な行動に移すための意思決定:買おう、売ろう、何もしない

判断には、リスクは伴わないが、決断には、リスクを受け入れる肚がいる。

投資においては「何もしない」という「決断」は、儲けるチャンスを逃すというリスクを受け入れることだ。

「会社をやめない」という「決断」は、現状維持のメリットと引き換えに、社畜のまんま生きていくデメリットを受けりれなくてはならない。

以上。つづく。

 

【1490】上場高配当低ボラティリティ(βヘッジ)を買い!

 この前、記事に書いた、価格変動の低い銘柄を試しに買ってみた。

permanentmajor.hatenablog.com

【1490】上場高配当低ボラティリティ(βヘッジ)を買い!
1口あたり9,250円 、10口を購入。価格変動は低いが、2%程度の分配金が出るので、じっくり買い増してみる。

以上。つづく。

 

【ライフスタイル】老害にならない生き方。

小金持ちの、個人投資家になる。

この手の老人は、お金にそれなりの余裕があるので、心にも余裕がある。

また、自分の資産以外にはあまり興味がないので、若い者に説教することもない。

私ハ、ソンナ老人二ナリタイ。(宮沢賢治風)

以上。つづく。

ゼネラル・ミルズ[GIS]より11月の配当!100年減配しない堅実銘柄。

ゼネラル・ミルズGIS]より配当!

1株あたり0.490 US$、102 株保有で35.86 US$

ハーゲンダッツでお馴染みの食品会社、100年以上減配なしの地味で堅実な銘柄だ。

現在値52.47US$、配当利回り3.77%とまずまず。

以上。つづく。

AT&T[T]から配当!利回りは´約5%の連続増配銘柄!

AT&T[T]から配当!1株あたり0.510 US$、90 株保有で43.92 US$ゲット!

34年連続増配の電話会社。

値が回復して配当利回り5.18%!上がったので売っても良いし、持っていても配当が貰える。

以上。つづく。