万ねん少佐の配当日記

投資、節約、ほどほどな生業でセミリタイアをめざすサラリーマンの悪あがき

客観的に物は見れない。

何かを見ようとする、その行為自体が主観的なので、客観的に観るというのは難しい。見る対象に目を向ける、焦点を合わせるという行為が伴う。

例えば、同じ株価・チャートを見ても買うときは上がるように見えるし、売るときは下がるように見える。

どんなに客観的に見ようとしても、主観が入るということを念頭に置くことが大切だと思う。

以上。つづく。

【ライフスタイル】やりたい仕事が見つからないたった一つの理由。

自分探しに忙しい諸君!何故やりたい仕事が見つからないのか?

それは、仕事自体がやりたくないからだ。

たとえば勉強自体が嫌いな人に、好きな科目、やりたい科目なんてないだろ?

ことに仕事に関しては、嫌いなのにやりたい仕事を探そうとする人がいる。

そもそも仕事とは神が与えた罰。嫌いなことに気づけば、追い求める必要はない。

以上。つづく。

 

平穏な老後

久しぶりに実家に戻り父にあった。去年の春以来だ。

去年の春あったときは父も85歳を超え、若干物覚えも悪くなって運転も怪しくなっていた。そこで車検に出すと言い聞かせ廃車にした。

今年の盆に戻ってみて、父はそんなことも忘れ平穏に過ごしている。

そして、今、ささやかな年金と配当金で生きている。さすがに株式売買はしてないが、老後2000万円問題とは無縁だ。

以上。つづく。